リコーITソリューションズ株式会社

MESSAGE

トップメッセージ

グループ内の一企業ではなく
デジタルのすべてを担う
中核企業として

代表取締役 社長執行役員

石野 普之

一人ひとりが自ら考え、
成長できる環境づくりに、力を惜しまない。

リコーグループは、デジタルの力で世の中の“はたらく”をよりスマートにするというコンセプトを掲げています。それはデジタルトランスフォーメーション(DX)、つまりビジネスにおけるデジタルを牽引する存在になることを意味しています。となれば、ソフトウェア開発は必然的にグループの事業の中核となる。
なぜならデジタルビジネスの変革はソフトウェアエンジニアなしでは実現しないからです。私たちはリコーグループ内の一企業ではなく、中核企業でなくてはいけない。そんな想いで日々の仕事に向き合ってほしいと考えます。
そして、請負仕事として単にプログラム開発するのではなく、ソリューションを自らの手でお客様に届けようという気持ちで日々いてください。自主性をもって一人ひとりが自らを成長させる。会社が教えてくれる、与えてくれるではなくて自分自身がどんなゴールを持ち、どんなキャリアを生きていきたいのかを考えて、学び、成長していく。
そのための環境づくりに、全社を挙げて注力していきます。

これからのエンジニアに
必要な素養はフルスタック・
ダイバーシティ・主体性。

以前のものづくりは何をつくるか(What)が決まっていて、どのようにつくるかの部分(How)の技術を磨いていれば十分でした。しかし今はWhatからお客様と一緒につくりあげていく時代。そうなると製品の企画段階からビジネスのフィールドで働く人たちと一緒に話し合い、スピーディに試作をつくりながら最終的なゴールまで手がける、いわゆるフルスタックエンジニアの能力が必要となります。

またこれからの時代、多様性への意識の高さは大変重要。様々な環境・能力・考え方を持つ人が集まり、その中でプロダクトやサービスを開発していく。そういった意味で、自分の秀でている部分を見つけ、磨き、そこに対して強い想いを持っている人を私たちは必要としています。入社した皆さんには、主体性を持って「私がやります」「私はこうなっていきたい」という想いを持ち続けて行動してほしいと考えます。