リコーITソリューションズ株式会社

INTERVIEW

社員インタビュー

ユーザー価値の最大化がすべて。
そのための手段には、こだわらない。

2016年入社 グループIT事業

西井 佑太


Q.1

入社を決めた理由は?

元々SEになりたくてシステムインテグレーションを手がけている企業を対象に就職活動を行っていました。そんな中、採用イベントへ参加した時、若手社員が明るく楽しそうに自身の仕事や働く姿を話していたのを見て、一緒に働きたいなと思ったんです。エンジニアの印象って自分だけの世界を持っていて、あまりはつらつとコミュニケーションをするイメージがなかったんですが、他の企業に比べ一番いきいきとしていたんです。


Q.2

現在の仕事は?

複合機やプリンターなどのユーザー向けWebポータルサイトの開発、運用を行っています。サイトにはWeb上で修理を依頼する機能や、請求書を発行できる機能があります。私は弊社で一部管理しているサーバをクラウドサービスへ移行するためのアーキテクチャ設計、構築を担当しています。一人で行う作業も多いですが、頻繁にメンバーと会話したりチャットツールで連携したりと、仕事で孤独を感じることはないですね。


Q.3

印象に残っている仕事は?

新人研修が終わり配属されたチームではリコーグループのメンバーが業務上で利用するWebアプリケーションを開発していました。配属後すぐなのに一部の機能開発を任せられ、ゼロから作りました。仕様や機能などがどうしたら使いやすくなるのかをお客様と一緒に話し合い提案しながら、自分で考えた機能を実装。実際に使ってもらい「使いやすい」という声を聞けた時は、お客様に価値を届けられた喜びを感じることができました。


Q.4

当社の強みは?

エンジニアが開発する時、何を作るかから決めるのではなく、どんな価値を届けたいかという視点から考える点です。エンジニアは「決められた仕様のすべてを受け入れ、実装する役割」と考える人も多いと聞きますが、ここではユーザーに届く価値を最大にするために必要な機能は何かをエンジニアも考え抜き、お客様と一緒に話し合います。その際、手段であるシステムに執着せずユーザーが得られる価値にフォーカスして考えています。


Q.5

今後成し遂げたいことは?

ユーザー価値を最大限に高めるためには多くのITスキルが必要です。また、状況が常に変化するため先を見通せない時代に、従来のように長く時間をかけシステムを作るより、素早く作りシステムを使ってもらい、フィードバックを得ながら改善することが、ユーザー価値を高めるために必要だと考えています。そのために、UI、プログラム、インフラのことなど横断的なスキルを持ったフルスタックエンジニアになることが、ひとまずの目標です。


Q.6

オフタイムの過ごし方

  • 平日退社後

    中華料理の腕前は、なかなかですよ

    料理をよく作りますね。一番好きなのは麻婆茄子です。あと、時間がある時は仲のよい先輩と通話をしながらゲームをすることもあります。

  • 休日

    カメラを買ったので最近は外出ばかり

    ミラーレスのカメラを買ったばかりなので写真を撮りたくて、毎週末おしゃれな場所に出かけるようになりました。

INTERVIEW

仕事を知る