リコーITソリューションズ株式会社

INTERVIEW

社員インタビュー

世界中で使われる製品を
地元で開発できるところが魅力です。

2014年入社 エンベデッド事業

藤原 英晃


Q.1

入社を決めた理由は?

会社見学会の雰囲気と、世界中で使われる製品を鳥取で開発できることですね。私は大学で学んだプログラミングを活かせる会社を鳥取で探していました。見学会の雰囲気がよく自然体で参加できたことも印象に残っています。またリコーグループは世界中で使われている製品が数多くあり、それらの開発メンバーとしてモノづくりに携われること、世界中の人々の生活をより便利にする手助けができることにとても魅力を感じたからです。


Q.2

現在の仕事は?

請求書に書かれた情報をAIで自動認識し、会計システム向けデータとして出力するWebアプリの開発です。このプロジェクトでは、アプリの仕様検討、設計、開発、テスト、クラウド上での運用と幅広い工程を担当しています。開発はプログラムを書くだけではなくセキュリティやネットワークの知識など、様々な技術が必要。日々新しい技術を習得できることと、苦労しながらも完成させた製品が社会で使われることにやりがいを感じます。


Q.3

印象に残っている仕事は?

現職のWebアプリ開発で、当初は製品の中心ではない箇所を担当していたのですが、ある時、メイン画面の作成を私が主担当となり手がけることになりました。作成する画面は、数あるどの連携ソフトに切り替えても使えるような画面構成にしなければならないという難しいお題。しかしどのようにしたらお客様に使ってもらえるか、利用しやすいかを周りのメンバーと詰めていくことで乗り切りました。自分が中心となり完成した時は感動でした。


Q.4

当社の強みは?

社員の技術習得へのモチベーションが高く、技術力を高めるためのサポートが数多くある点です。色々な拠点の方と開発を行いますが、皆さん日々進歩する新しい技術を習得しようとしています。会社からも様々な支援があり、社内で行われるセミナーなどで視聴可能なものは、Skypeを開放してどの拠点からでも参加できるようになっています。そのような風土が、切磋琢磨し学習に取り組む姿勢に繋がっているのだと思います。


Q.5

今後成し遂げたいことは?

技術面で信頼され、お客様にとって価値あるシステムを提案できる存在になることです。まずは基本である技術面で頼られるようになりたい。今はチーム内の一人のメンバーでしかないですが、今後は多くの人に「困ったらあの人に聞こう」と思われるよう、技術の底上げや新しい技術の習得に励んでいます。その際、お客様にとっての価値は何なのかを大事にし、機能提案を行う。そして自分の成果に自信を持てる技術者になるのが目標です。


Q.6

オフタイムの過ごし方

  • 平日退社後

    会社のメンバーと結構仲がいいですね

    週に1回、会社のメンバーとバドミントンを行うことが楽しみです。他には同期と時々する外食がリフレッシュになりますね。

  • 休日

    スコア100を切るために特訓中

    ゴルフが趣味なので週に1回、打ちっぱなし練習場に行き、コースを回った時に安定してスコア100を切れるよう日々練習しています。

INTERVIEW

仕事を知る